キャッシング審査に通過できないケースとして、最も多い物は本人確認ができなかったと言うケースになります。これは貸し付ける側としては確実に返済してもらう必要がある為、申し込み人の記載した情報に虚偽があるかないかの確認は慎重に行っている事が理由になります。

なので名前や住所などはもちろんですが、勤務先なども非常に大きなウエイトを占めています。そして、申込書に嘘の記載をしていないにも拘わらず審査に落ちてしまうケースもあります。この場合は主に二種類の原因があって、一つは本人証明でもう一つは在籍確認になります。

まず本人証明についてですが、最も有効とされているのが運転免許証になります。運転免許証は顔写真がついていますのでその場で本人かどうかが分かり、保険証などよりも良いとされています。

なお保険証の場合ですが、国民健康保険だと審査に通過できない可能性があります。これが上記の問題の原因になっていて、運転免許証もなく社会保険にも入っていない場合には業者によってはキャッシング不可になっています。

そして在籍確認についてですが、こちらは会社に伝えておかなかったため在籍していないと言われてしまったケースが該当します。なのでキャッシングの前には会社にキチンと伝えておく事が重要になります。