消費者金融からの借入には、総量規制により年収の1/3以内という厳しい制限が掛けられています。にも関わらず、消費者金融を継続して利用し続ける人の中には、銀行カードローンの審査は厳しく通らないという印象を持っている人も多いでしょう。確かに銀行カードローンは、銀行が運営しているだけあって敷居が高いと考えられています。しかし、実質的な審査を行っているのは、保証会社として参入している信販会社や消費者金融という実情があまり知られていません。

審査通過に不安を覚える人から見ると、消費者金融の審査は柔軟性が高いと感じています。なぜなら、仮審査や簡易審査を行なった結果として、足切りされる基準が低く設定されているからです。仮審査や簡易審査では、各個人の属性を点数化したスコアリング審査が行われており、スコア設定を低くすれば審査が柔軟だと感じられるわけです。

実際の申込者に対して契約に至った割合は、銀行カードローンよりも消費者金融の方が低いにも関わらず、審査に柔軟性があると評判になる理由は、仮審査の存在が大きいでしょう。確かに審査基準ギリギリの人にとっては、消費者金融に申告する個人情報は多岐に渡るので、申告項目が多いほど形式的な審査では落とされる対象であっても、他の申告項目によってギリギリ審査を通してもらえることがあります。