サラ金のカード貸出やキャッシングを利用する場合は、掟によって利用可能額が制限されてある。貸金業法の総量支配によって、サラ金から出資を貰える賃金は、所得の3分の1以下の賃金となっています。こういう金額には他のサラ金で出資を受けた取り分やクレジットカードのキャッシング消耗取り分も含まれています。
ただしサラ金からの出資の全てが貸金業法の総量支配の対象となる訳ではありません。総量支配は飽くまでも皆さんを続けるためのメカニズムですので、皆さんにとって有益と陥る出資に対しては対象外となります。例えば不動産やマイカーの確保の為の出資や、診査費の為の出資なども総量支配の対象外となります。またサラ金でお整理貸出を利用する際も、総量支配の相手とはなりません。お整理貸出の消耗は皆さんの費消負荷を中和させる件がありますので、皆さんにとって有利な出資と判断することが出来ます。
総量支配はあくまでも貸金業法のメカニズムですので、銀行法の下で売り込みを行っている銀行の出資は対象には含まれません。ただし、だからと言って銀行のカード貸出を利用すればドッサリ借りられる訳ではありません。銀行で出資を受ける場合は総量支配自体は関係ありませんが、出資を貰える賃金はおしなべてサラ金と同前後と考えておくことが必要です。