銀行や大手消費者金融のキャッシングは、社会的な信頼性や知名度が高いからといっても、周囲知られたくないものです。特に在籍確認の電話は、職場バレのリスクがあり、電話以外での対応を希望するケースが多くあります。しかし、電話以外での対応となると社員証や給与明細を利用することになるものの、新社会人の場合は準備が厳しくなります。

大手消費者金融のカードローンの場合、勤続期間による制限が無く、新社会人でも少額の利用限度であれば契約は可能です。しかしながら、入社して、1ヶ月や2ヶ月の場合、給与明細を受け取らないこともあるため、結果として電話以外の在籍確認が出来ないこともあるということには注意する必要があります。先ずは、誰もが代替で在籍確認に対応出来ないと認識するのが肝心です。