Category申込みについて

借り換えを考えている人は素早い行動が大事

消費者金融や銀行カードローンでの借り換えを考えている人は、どのタイミングで借り換えれば良いのでしょうか?

借り換えの理由は何と言っても金利を抑える事にあります。ならば金利が下がった時が借り換えのタイミングですが、消費者金融も銀行カードローンも頻繁に金利は変動しません。
だから借り換えタイミングというのは、金利の低い時期ではなくて、金利の低い業社が見つかった時だと言えるのです。

一般的には銀行カードローンが借り換えやおまとめローンには向いてます。金利が消費者金融よりも低めに設定されている事と、総量規制の対象外なので、借り入れ総額が一時的に年収の3分の1を超えてしまう事が多い借り換えやおまとめローンに向いているのです。

消費者金融でもおまとめローンの契約の場合は、総量規制対象外となりますが、金利が低い訳でもありませんし、借り換え後は返済のみで追加借り入れが出来なくなります。

使い勝手は銀行カードローンの方が上ですが、審査は消費者金融のほうが通りやすいです。審査のスピードも消費者金融の方が早いので、全てにおいて銀行カードローンが勝っている訳ではありません。

返済期限等で借り換えるタイミングが切羽詰まっている時は、消費者金融を選択したほうが良い場合もあります。

数社からの借り入れしていて、返済日がバラバラで金利もバラバラな時に、ひとつにまとめると返済日は固定されて金利も固定されます。この時の金利が低く固定出来ればおまとめローンは成功と言えます。

返済期限が幾つもあると訳が分からなくなり、ひとつでも延滞してしまうと信用情報にかなりの傷が付きます。それがひとつにまとまっていると計画的な返済がしやすくなります。だから、信用情報に傷が付く前に素早く借り換えが出来ればそれも一応の成功となります。

銀行カードローンと消費者金融の借り換えは、どちらも人によっては成功とまります。

最後に借り換えを考えている人は、素早い行動を起こすことが重要です。日々金利は掛かってきますし返済日も迫ってきます。

ただし、一番やってはいけないことがあります。それは返済のためのお金を急場しのぎで他社から借りてくることです。これは借り換えではありません。雪だるま式に借金が増えてゆくだけなので気を付けてください。

モビットの迅速な審査と魅力的なサービス

モビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。大手銀行グループであるため、多くの人が安心して利用しています。

モビットが選ばれる理由は、銀行系消費者金融であるという点だけではありません。モビットには迅速な審査と、手軽な申し込み方法という魅力もあるのです。

モビットの本審査は、最短30分で完了します。申し込みから1時間待たずに審査結果が分かるので、急いでお金を借りたい方にはとても助かるのです。もちろん、事前審査もあっという間です。モビットのホームページ上で10秒審査を行えば、わずか10秒で審査のシミュレーション結果が分かるのです。シミュレーションで可決の結果が出れば、より安心して本審査に申し込むことができるでしょう。

また、モビットのサービスの中で注目したいのがWEB完結申し込みです。近年の消費者金融は、ほとんどがWEBからの申し込みを受け付けています。モビットでもWEBからの申し込みに対応していますが、更に驚くことに、WEBだけで融資までのすべての手続きを終えることも可能になっているのです。

通常、キャッシングを利用する為には、専用のカードが必要になります。しかしモビットのWEB完結を利用すれば、カードレスでの融資手続きを行うことができるのです。カードの発行がないので、当然自宅への郵送物もありません。また、申し込み時の審査結果もメールで知らされるので、電話もかかってこないのです。

キャッシングを申し込む際、やはり電話や郵送物が気になる方は多いでしょう。モビットならWEB完結を利用して電話も郵送物もない融資手続きが可能です。これもまた、モビットが選ばれる理由の一つになっていると言えるでしょう。

キャッシングサービスへの申込み手段について

借り入れサービスのご利用に抵抗を感じられる方は、何が原因なのでしょうか。

その様に感じる原因は人によりそれぞれ異なる事でしょう。たとえばサービス内容を良く理解していないがためにご利用になられないのでしたら、それを確認されることでご利用の敷居が下がるかもしれません。

企業への申込みはサービスの第一関門となるため、ここでしっかりと確認しておきましょう。

サービスへの申込み手段は各企業によりそれぞれ異なります。その中でも、インターネット申込みは今の主流の手段です。こちらの機能は利便性において非常に優れています。

インターネット申込みは24時間受付しているため、時間に縛られることがありません。また場所の指定を受けるわけでもないため、利用者にとって負担の少ない申込み手段となっています。インターネットの環境が整う方は、この手段以外には考えられないのではないでしょうか。

また他の申込み手段として電話受付があります。以前より存在する原始的な手段ですが、安心してご利用になれます。これらの手段をご利用になれば、容易にサービスへの申込みを完了させられることでしょう。

企業への申込み後は自動的に審査に回されるため、企業から借り入れ可能額の連絡が入るまで待機します。審査に無事通過できれば、残りの契約手続きを完了させてから実際の借り入れが可能となります。これでキャッシングサービスの一連の流れを、ある程度理解できたのではないでしょうか。

学生のキャッシングでも定期的な収入があることが必要

キャッシングは原則としては定期的な収入があることと20歳以上という条件がありますが、保護者の許可があれば学生で20歳以下でも申し込みが可能担っています。

各金融会社には学生専用のキャッシング枠のあるカードも発行しているところも多く、ネットや電話連絡でも申し込みがし易いようにはなっています。

ただ貸金業法が2010年に改正されており学生でもキャッシングは法律で利用者の年収を把握しなければならない決まりになっています。

学生の場合は本人に収入があるということを証明しなければいけなくなっておりアルバイトをしていることが必須条件です。さらに源泉徴収と給与明細が必要な書類になってくるので必ずとっておくことが重要です。

また最大でも10万円とキャッシング枠は設定されているのでそれを超えた金額は利用できないようになっています。

また金融会社によってはキャッシング枠の設定がない場合もあるので利用を考える場合は事前に確認しておくことが大切です。

 

こういった条件になり学生の場合は審査には一定のラインが置かれるようになりました。審査が不安な場合は審査前に診断をすることが可能になっています。キャッシング診断として各社が用意しているホームページ上で利用できるツールになっていますのでおおよその結果を判断しやすいので利用してみることも大切です。

キャッシングの申込みにおける最低条件

キャッシングに申込みをすると、結果の是非に関わらず信用情報機関に申込みの履歴が残ります。仮に申込み後の審査で否認されてしまった場合、今後の金融商品の利用にも影響を及ぼす可能性が否定できません。少しでもクリアな信用情報を保つ為には、まずは申込みの段階から注意を払わなくてはならないのです。

各キャッシング会社では、それぞれの商品に貸付条件が存在しています。貸付条件は各社のホームページ上などから確認することができます。その条件を見ると、融資を受けることが出来る最低限の条件が見えてくるはずです。

概ねどこのキャッシング会社でも、貸付条件の中に年齢や収入に関する記載があります。下は20歳以上で、上は60歳から70歳程度までの年齢条件が設けられていることが多いようです。また、安定した収入を得ていることが条件として掲げられているのが一般的と言えるでしょう。

キャッシングに申し込むなら、最低でも貸付条件に記されている条件をクリアしておかないといけません。これは申込みに不可欠な条件で、貸付条件を満たしていない方が申込みを行っても審査に通過することはできないからです。

キャッシングの本審査の基準は一般人が知ることはできません。しかし明らかにされている部分の条件が分かっているわけですから、せめてこの部分はきちんとクリアした状態で申込みを行うようにしましょう。