学生の人がキャッシング利用を行う場合、色々な制約が伴います。まず年齢が20歳以上でないと利用が出来ないということです。これは未成年には貸し付けを行っていない業者が多いため、ほとんどの業者が20歳以上での申し込みを基本にしています。中には保護者のOKがあれば未成年でも貸付けを行う業者もいますが、審査に時間がかかるなどハードルは高いですからその点は頭に入れておくべきではないでしょうか。

次に、安定した収入があることが申し込みに必ず必要な要素なります。これは学生でも社会人でも必ず必要な項目ですから、アルバイトなどの収入が無い学生は、20歳以上でも審査を通らないということになります。アルバイトを定期的に行っており、収入が安定している学生は申し込みが可能となります。

もちろん、アルバイトを始めて数か月の場合には収入が安定しているとは言い難いため、審査段階で落とされてしまう可能性はあります。アルバイトの勤務年数が審査には大きく影響してきますから、一か所で長くアルバイトを行っている場合には審査をクリアしやすいということになるわけです。

借りることができる限度額に関しては一般のキャッシングとは違い、学生用の限度額を設定している場合が多いようです。平均すると50万円程度が限度額になっている場合が多く、初めて利用する場合には10万円までを限度としている業者も多いようです。これはアルバイトの収入を加味した金額となっているためで、返済に無理が生じないように業者側が金額を調整しているからだと思われます。業者によっては学生専用の金利を適用している場合もありますので、借りる前に相談をしてみるほうが良いでしょう。

返済に関しては、一般のキャッシングと同じく提携ATMからの返済が可能になっていますので、コンビニや提携銀行のATMからいつでも返済が可能になっています。学生キャッシングを無理なく上手に利用すれば学生生活をさらに楽しく送ることが可能になるでしょう。