キャッシングを利用してお金を借り入れしたいと思っても、「お金を貸してくれる会社」というのは数多くあり、思わず迷ってしまうもの。銀行系、信販系、さらには消費者金融系と、その業態を大きく分けても3つに分類することが出来、それぞれを比較すれば、金利や審査の基準など大きな差があります。

例えば金利に関して比較してみると、銀行系は金利が比較的低めに設定されていると言うメリットがあります。その一方で消費者金融系や金利が高いという傾向にあります。ところが、消費者金融と一概に言っても、その数は非常に多く、ジャンルの中でも会社ごとに特徴があります。特に近年では、大手の消費者金融にあっても、大手都市銀行や地方銀行の傘下に入っているケースも多々あります。こういった消費者金融の場合、金利が銀行系キャッシングほどではないにせよ、低めに設定されている傾向があります。

また審査の基準も銀行系は金利が低めに設定されている傾向が強い反面で、審査は厳しくなりやすいのが現状です。その点では消費者金融は、学生や主婦であっても、バイトやパートなどで毎月、金額の多少は別として安定した収入があれば、借り入れできることもあるなど、審査基準は低めに設定されている傾向があります。

もし、キャッシングを利用することになった場合は、審査の基準や金利などの観点から、数多くあるキャッシング会社を比較検討してみましょう。さらに、様々なサービスを展開していたり、カスタマーセンターを備えていたりなど、「これなら安心して利用できる」と感じられるところを選ぶといいでしょう。自分自身のニーズと、会社のサービスなど総合的に判断して決めることで、より安心してキャッシングを利用できるようになります。