消費者金融や銀行カードローンでの借り換えを考えている人は、どのタイミングで借り換えれば良いのでしょうか?

借り換えの理由は何と言っても金利を抑える事にあります。ならば金利が下がった時が借り換えのタイミングですが、消費者金融も銀行カードローンも頻繁に金利は変動しません。
だから借り換えタイミングというのは、金利の低い時期ではなくて、金利の低い業社が見つかった時だと言えるのです。

一般的には銀行カードローンが借り換えやおまとめローンには向いてます。金利が消費者金融よりも低めに設定されている事と、総量規制の対象外なので、借り入れ総額が一時的に年収の3分の1を超えてしまう事が多い借り換えやおまとめローンに向いているのです。

消費者金融でもおまとめローンの契約の場合は、総量規制対象外となりますが、金利が低い訳でもありませんし、借り換え後は返済のみで追加借り入れが出来なくなります。

使い勝手は銀行カードローンの方が上ですが、審査は消費者金融のほうが通りやすいです。審査のスピードも消費者金融の方が早いので、全てにおいて銀行カードローンが勝っている訳ではありません。

返済期限等で借り換えるタイミングが切羽詰まっている時は、消費者金融を選択したほうが良い場合もあります。

数社からの借り入れしていて、返済日がバラバラで金利もバラバラな時に、ひとつにまとめると返済日は固定されて金利も固定されます。この時の金利が低く固定出来ればおまとめローンは成功と言えます。

返済期限が幾つもあると訳が分からなくなり、ひとつでも延滞してしまうと信用情報にかなりの傷が付きます。それがひとつにまとまっていると計画的な返済がしやすくなります。だから、信用情報に傷が付く前に素早く借り換えが出来ればそれも一応の成功となります。

銀行カードローンと消費者金融の借り換えは、どちらも人によっては成功とまります。

最後に借り換えを考えている人は、素早い行動を起こすことが重要です。日々金利は掛かってきますし返済日も迫ってきます。

ただし、一番やってはいけないことがあります。それは返済のためのお金を急場しのぎで他社から借りてくることです。これは借り換えではありません。雪だるま式に借金が増えてゆくだけなので気を付けてください。