総量支配という言い回しははなはだ周知されてきましたが、平成22時の貸金業法の手直しにより定められた、借入金の限度額がサラリーの3分の一に制限されるという法令だ。そのため安定した所得の弱い輩、例えば所得の薄い女の輩は借入金を申し込めません。

こういう法令は多重借入金に陥ることを遠ざけるためのもので、借りる近隣を守ってくれる為に出来た法令だ。
総量支配の対象となるのはサラ金や信販店先系の割賦で、総量規制の対象外となるので有名なのが銀行系の割賦だ。ただサラ金や信販店先に比べて審査が手厳しく、簡単には審査が落っこちるのがウイークポイントだ。

しかし高額の借入金の必要がある輩には、精査さえ通れば大変に頼もしい割賦だ。民家割賦やクルマ割賦などの広範囲割賦に利用できるように設けられた総量支配対象外の割賦ですが、他にも複数のサラ金に借入金が生じる輩のお総括割賦としても人気があります。また所得の乏しい女の輩でも審査が通り過ぎる可能性があるのです。

総量規制の対象外となるものにはほかにもクレジットカードでの買物があります。これはサラリーの3分の1程度の借入金があっても別枠として、サラリーの統制を制するおでこの利用が可能です。