キャッシングは原則としては定期的な収入があることと20歳以上という条件がありますが、保護者の許可があれば学生で20歳以下でも申し込みが可能担っています。

各金融会社には学生専用のキャッシング枠のあるカードも発行しているところも多く、ネットや電話連絡でも申し込みがし易いようにはなっています。

ただ貸金業法が2010年に改正されており学生でもキャッシングは法律で利用者の年収を把握しなければならない決まりになっています。

学生の場合は本人に収入があるということを証明しなければいけなくなっておりアルバイトをしていることが必須条件です。さらに源泉徴収と給与明細が必要な書類になってくるので必ずとっておくことが重要です。

また最大でも10万円とキャッシング枠は設定されているのでそれを超えた金額は利用できないようになっています。

また金融会社によってはキャッシング枠の設定がない場合もあるので利用を考える場合は事前に確認しておくことが大切です。

 

こういった条件になり学生の場合は審査には一定のラインが置かれるようになりました。審査が不安な場合は審査前に診断をすることが可能になっています。キャッシング診断として各社が用意しているホームページ上で利用できるツールになっていますのでおおよその結果を判断しやすいので利用してみることも大切です。