Tag信用情報

キャッシングをして信用情報にどのような履歴が残るとマズい?

キャッシングをするとリアルタイムで信用情報に反映されます。それで不安になってしまう人もいますが、どのような事をしてしまうとマズいのか確認していきましょう。
キャッシングをした時に返済期日までに返済していれば正しい方法で利用している事になるので信用情報に実績として履歴が残ります。それで返済能力がある人と判断されるので問題ありません。

しかし返済の滞納、規約違反など間違えた方法で利用していたり返済が困難になって債務整理をしてしまったりするとマイナスな履歴が残ってしまいます。
それで住宅ローンなどの審査を受ける時にかなり影響してしまうのでマズいです。キャッシングをする時は返済期日までにしっかり返済して正しい方法で利用する事が大切になってきます。

審査が不安の方が頼れる貸金業者とは?

過去に3ヶ月以上滞納したり、債務整理を行った方は、基本的に有名な金融機関では貸してもらえません。
大手の金融機関では、信用情報に傷がある方をブラックリストに載っていると言い、全く相手にされないのです。

しかし捨てる神あれば拾う神ありということで、ブラック入りの方でも貸してもらえる貸金業者があります。
例えば愛媛県のセントラルや大阪のフクホー、名古屋のアロー、東京のエニーなどが有名です。たいていは50万円までしか貸してもらえませんが、金利はもちろん利息制限法の範囲内です。
また平日なら即日融資も可能(来店契約が必要な業者もある)で、どうしてもお金に困った時は相談してみるのもアリです。