キャッシングをするとリアルタイムで信用情報に反映されます。それで不安になってしまう人もいますが、どのような事をしてしまうとマズいのか確認していきましょう。
キャッシングをした時に返済期日までに返済していれば正しい方法で利用している事になるので信用情報に実績として履歴が残ります。それで返済能力がある人と判断されるので問題ありません。

しかし返済の滞納、規約違反など間違えた方法で利用していたり返済が困難になって債務整理をしてしまったりするとマイナスな履歴が残ってしまいます。
それで住宅ローンなどの審査を受ける時にかなり影響してしまうのでマズいです。キャッシングをする時は返済期日までにしっかり返済して正しい方法で利用する事が大切になってきます。