Tag新社会人

新社会人のキャッシング!在籍確認の書類代用は難しい時も!

銀行や大手消費者金融のキャッシングは、社会的な信頼性や知名度が高いからといっても、周囲知られたくないものです。特に在籍確認の電話は、職場バレのリスクがあり、電話以外での対応を希望するケースが多くあります。しかし、電話以外での対応となると社員証や給与明細を利用することになるものの、新社会人の場合は準備が厳しくなります。

大手消費者金融のカードローンの場合、勤続期間による制限が無く、新社会人でも少額の利用限度であれば契約は可能です。しかしながら、入社して、1ヶ月や2ヶ月の場合、給与明細を受け取らないこともあるため、結果として電話以外の在籍確認が出来ないこともあるということには注意する必要があります。先ずは、誰もが代替で在籍確認に対応出来ないと認識するのが肝心です。

何故、新社会人がカードローンを契約し難いのか?

銀行カードローンには、申し込み条件として勤続年数または期間に制限がされているケースがあります。そのため、大学や専門学校を卒業し、就職したばかりの新社会人は契約できないことになります。個人信用情報については、学生時代にクレジットカードを契約していると不利にはなりません。今日では、アルバイトにより収入を得ている学生なら、クレジットカードの契約は比較的に容易です。

では、どうしてカードローンでは不利かというと、新社会人の場合、毎月の給与に税金が反映されていません。結果、毎月の手取額が高くなり、正確な返済能力を判断するのが困難です。そして、所得税や住民税が反映されると、収入が減るため、返済リスクも高まります。

新社会人は、収入面での不安が払拭出来ないということを理解することが重要です。商品説明に明確な基準が示されていないこともあり、申し込みブラックになる可能性があるため、申し込みは慎重に行う必要があります。